機械と人の手ではやはり差がある | 溜まった疲労や出張型のマッサージでとことん癒しましょう! menu

機械と人の手ではやはり差がある

水を持っている女性

マッサージそのものの技術は時代ともに進化しており、お店の数や特殊なマッサージも目にすることがあるでしょう。
そんな中で技術が進化していてもいまいち人気の出ないものもあります。それは「マッサージチェア」です。マッサージチェアは昔はほんのちょっと人気も出ており、多くの家電量販店などでも看板商品になっていたのですが、今はどのお店でも端っこの方に置かれていませんか?もしくは一部のスペースのみとかで、とにかく目立ちません。スマートフォンやパソコン、テレビは人気商品なので理解もできますが、マッサージチェアなら冷蔵庫やクーラーなどのほうが目立っています。このような状態にまでなったのは、マッサージチェアがそもそも生活の必需品でないということと、マッサージチェアのマッサージではすぐに身体が慣れてしまうということにあります。マッサージチェアはやはり作られたモノなので、動きや力の強さにも限度があります。最初は効いて気持ち良く感じることができると思いますが、身体が無意識に慣れてしまうといつの間にか使わなくなっているようなことがおおいのです。やはり、たまに温泉やショッピングモールなどに行ったときに利用するのが一番なのかもしれません。
でも、普通のマッサージが人気のままなのはやはり、人の手でマッサージが施されるからでしょう。セラピストによって力の加減も微妙に違うので、慣れにくいですし、毎日受ける人もいないからでしょう。